top of page

新玉旅館のお膝猫ちゃん

普段は入れない新玉旅館の猫ちゃん部屋に入らせて貰えたのは、当日譲渡会に来られていたご年配の奥様の言葉がきっかけでした。


「猫ちゃんをお迎えしたいけど、私自身今は元気でも、10年、20年経った時の事を考えると心配です…」と。

飼うからには最後まで責任を持ってお世話したい、これこそ生き物への確かな責任と愛情があるからこその言葉だと思います。でも猫ちゃんと共に飼い主さんも当然年を取っていきます。誰にも先の事は分かりません。

今はこんなに元気なのに、先の事を考えて猫ちゃんと暮らすのを諦めるのは寂しいですね。


一緒に来場されていた姪御さんが、お世話するのが難しくなったら私が引き取ってあげるからと、おば様の夢を叶えてあげたくて今回譲渡会に参加されたようですが、そんな迷惑はかけられないと躊躇している奥様。お互いの思いやりあるやり取りに、こんな素敵な御親族なら、猫ちゃんも幸せになれる事は間違いないと感じました。


そんな時女将さんと弟さんが、「この旅館にいる猫なら、ご自分がお世話できる自信があるまで飼って、お世話するのが難しくなってきたらいつでもまた返してもらっていいですよ。」と言って、旅館の猫部屋を案内して下さったのです。その一つがミルクちゃん達がいるお部屋と、このモノトーン猫ちゃんが沢山いるお部屋でした。

入った瞬間、舌をしまい忘れた猫ちゃんが目に入りました。貴重なショットです。

綺麗な毛並みですね。


手入れの行き届いた白黒猫ちゃんがいっぱいいて、みんな落ち着いています。


温泉宿らしい猫ちゃんの粋な水飲み場


そしてこの部屋には、驚くほど人馴れした猫ちゃん達ばかりです。


私たちが中に入り腰を下ろすと、中心に猫ちゃん達が集まって来ました。

そして初めて会った方のお膝にチョコンと乗ってくるのです。


私の膝にも乗ってくれました。もふもふの猫肌の温もり、幸せ過ぎます。

確かにこのまま連れて帰っても、お互い違和感なく暮らせそうな気がします。


どのお膝に乗ろうかな?

お膝は早い者勝ち。ここは立派に大人になった成猫ばかりです。仔猫は無邪気で可愛いけど、ご年配の方には少し負担が大きいかも知れません。

でも成猫になればこんな風に落ち着いてくる子が多いし、しかもこんなに懐いているなら、家で猫ちゃんをお膝に乗せてのんびりと過ごせそうですね。

お膝に乗る子もいれば、膝のあたりにもたれかかったり、中心で腰を下ろして猫同士グルーミングしたりと、まったりしながら人間の話を静かに聞いています。

溢れるような愛情を貰って安心して暮らしているのでしょう。初対面でも、人間が大好きな猫と、猫が大好きな人間との信頼関係が自然と出来上がっているのです。


だからこそ、「気に入った猫がいるなら貰ってくれて、何年でもいいからお世話できる限り可愛がって下さい。体がきつくて無理だと感じたらその時は返してくれたらいい、旅行に行きたい時だって行ってください。喜んで預かりますよ。猫にとっては里帰りになるのですから。リース猫と思えば気が楽じゃないですか?いつでも返せる場所がある。勿論リース代なんて要りません。ちゃんとご飯を与えて愛情を注いでくれたらそれだけでいい、猫好きな人には誰とでも順応できるように育っているし幸せなのだから。」と自信を持って話してくれたのです。


また、こんな提案もしてくれました。

「中には、まだ人馴れしきれてない猫もいます。その猫を連れて帰ってお膝猫になるまでしつけてみませんか?しっかり人馴れした猫に育てて返してくれたら、こんなありがたい事はないです。」これもまたやりがいのある楽しそうな任務ですね。新玉の猫ちゃんを私がお膝猫にしつけたんですよって自慢が出来ます。

こんな猫の迎え入れ方があるんだと初めて知りました。



気に入った猫を譲渡して貰える保護猫カフェがありますが、新玉旅館さんもこういった形を取り入れられてるのだと思います。基本的には最期までお世話して貰う事を前提にしてると思いますが、こうしてご年配の方にも、猫ちゃんと暮らしたいという気持ちに配慮して尊重してくれた事、返してくれてもいいと言ってくれた優しさと器の広さに心底感動しました。


新玉旅館さんは、旅館業を営みながら、保護猫活動も長年続けています。ここにいる猫ちゃん達も、元は捨てられていたり怪我をして傷ついた子たちを救って、ここまで人間を信頼できるお膝猫ちゃんへと育て上げてきたのです。だけどサポートしてくれているボランティアさんと共に、まだまだ救いたい猫ちゃんは沢山います。でもそれには人手に加えて資金も必要です。


だからこそ猫を飼いたいと思っている方が、譲渡会に参加している仔猫ちゃん達や、旅館にいる猫ちゃん達を里親として自宅へお迎えする事は、その分また新たに傷ついた猫を救う事が出来る支援に繋がるのです。この素晴らしいプラスの循環をもっと認知して貰って、これからもずっと活動を続けて欲しいです。


私も猫が大好きだけど飼う事を諦めている方に、お話してみたいと思いました。

今回の譲渡会では沢山の猫ちゃんに会わせて貰い、貴重なお話も聞く事ができました。ここに来る度に、学ばせてもらう事がいっぱいです。本当にありがとうございました。


次回の譲渡会は、11月24日(日)です。


この記事には伝えたい事が沢山あったので、長くなりましたがシェアして頂けるとありがたいです。記事の右上にある、縦に三つ並んだドットアイコンをタップして頂けると、それぞれのSNSへ繋がります。


晩秋が近付き、益々猫の温もりが恋しくなる季節になりますね。


Comments


bottom of page