top of page

2月11日譲渡会

2月だというのに、春の様な暖かい祝日のこの日は、都合で少し遅く譲渡会へ向かいました。譲渡会前日に、ポスターを見たという方からお問い合わせがあり、宮崎の保護猫ボランティアさんのでんでんちゃんを気に入っていらして、是非譲渡会で実際に見せて貰いたいとご連絡を頂いていました。

私自身も、この保護主さんや沢山の猫ちゃんに会えるのを楽しみにしていましたが、残念ながら今回は不参加でした。そしてこの時期、風邪を引いて自宅待機している猫ちゃんもいたようで、この日の譲渡会は猫ちゃん自体が少なめでした。


もちろん病気知らずの強い仔猫も沢山いますが、私が保護した4匹の仔猫も、今年になって風邪を引いてしまい何日か病院通いしました。獣医師の先生曰く、仔猫は月齢が低い程、まだ母親の免疫を持っていて病気しにくいけど、その引き継いだ免疫もだんだんと少なくなって病気しやすくなると仰っていました。やはり人間の子供と同じように、幼い頃に風邪を引いたり熱を出したりしながら、少しずつ強くなっていくのかなと思っています。

猫は一年で成猫になります。強く逞しくなるのも早いです。


宮崎の保護猫ちゃん達も来月には参加できるよう願っています。


さてこの日は、初参加の猫ちゃんが三匹居ました。

美人姉妹のアオミちゃん

どちらもメス猫の成猫3歳だそうです。


とても人馴れしていて、初めて来た譲渡会場でも緊張する事無く穏やかな表情で参加していました。姉妹一緒にいるから安心していたのかな。

以前まで、飼い主のおじいさんが大切に大切にお世話されていたそうですが、そのおじいさんが突然の病で亡くなってしまったそうで、今は娘さんが猫ちゃんを引き取っていますが、ご家庭の事情でこのまま飼う事は難しいらしく、里親さん探しをする事になったそうです。



アオミちゃんもアカミちゃんもとても大人しく落ち着いていて、初めての人に触られても警戒心がありません。きっとおじいさんに愛情込めて育てられてきたのでしょう。人間に信頼を寄せているようです。

三年間を共に過ごしてきた仲良し姉妹、できれば姉妹一緒にお迎えしてくれる里親さんを希望されています。私も、離れ離れになるより姉妹で飼って頂く方が、環境が変わってもお互い心強く、より早く適応できるのじゃないかなと思います。



次はさび猫のサビちゃんです。

生後7か月のメス猫ちゃん、この度避妊手術をして抜糸も終わり、回復したところでの参加となりました。


毛色が美しく、写真では分かり辛いですが瞳の色が深いグリーンで、実際に目の前で見ても、絵画や彫刻のような芸術的な印象がありました。


サビ猫は三毛猫と同じくメスが殆どで、遺伝子の関係でオスが産まれる確率は非常に少ない種類の猫ちゃんです。


さらに穏やかで賢く、非常に飼いやすい猫ちゃんとしても知られています。








今現在深刻な問題になっている新型肺炎ですが、公共交通機関や観光地での人混みなどをできるだけ避けたくなる傾向もあり、旅行客などのキャンセルが全国的に相次いでいるようで、新玉旅館もその影響を受けているそうです。

今年はオリンピックも開催される年、早く終息に向かう事を願っています。

遅れて参加したのは、黒猫の雨ちゃんです。

以前から何度か参加していますが、すっかり成長していました。

相変わらず毛並が美しく、私では上手く撮れない写真も、別のボランティアさんがスマホで美しく撮ってくれました。


せっかくなので、神々しく加工してみました。


今回は一部の猫ちゃんしか写真が撮れておらず申し訳ありません。

新顔の猫ちゃんはプロフィールに追加していますので、また次回は頑張って写真を撮って行こうと思います。


そして直接参加はしていませんでしたが、里親さんを募集されている方からのポスターが届いていましたので、ここに貼っておきます。プロフィールNO.049

ボランティアではない個人の方が仔猫を救って下さり、適切なケアをして里親さんを探して下さる事に、命に対する意識の高さを感じました。

この様な方がもっと沢山いて下されば、置き去りや保健所への安易な持ち込みも減るのではないかなと思いました。


この日は、県の管理所でボランティアとして何年も犬や猫の譲渡会に携わって来られて、動物愛護推進員も経験されている方からお問合せ頂いていたので、譲渡会へお招きしました。

この方のお知り合いでもうお一人、動物愛護推進員をされていて、地域猫ボランティアとしても活動しながら、譲渡会の主催もされている方も同時にお招きして、短い時間ではありましたが、今後の地域猫活動についてお話する事ができました。

やはり、愛護センターでの殺処分問題について心を痛めているようで、なんとかして地域猫活動の推進を図りたいと、お二人ともとても真剣に考えて下さっていました。


それぞれ仕事を持っていたり家庭があったりと、その隙間時間でボランティア活動をしている為、地域猫を守るための活動も思うように進まなくて、皆もどかしい思いを抱えています。

そんな時、少しでもお役に立てればと、ご本人自らお問合せ下さり、これまでの経験から沢山のアドバイスをして頂いた事に、本当に心強く感謝の気持ちでいっぱいになりました。


今後もお時間が許されれば、また譲渡会に参加して下さるそうで、よき相談役として頼りにさせて頂きたいと思います。


いつもより猫ちゃんもボランティアさんも少なかったこの日の譲渡会ですが、そんな中、この日来て下さったお客様はまた来月も来て下さるそうで、猫ちゃんとの佳きめぐり合わせが出来るよう切に願っています。

この日は新玉旅館の女将さんの弟さんから、海鮮雑炊をごちそうになりました。

具だくさんで贅沢な雑炊、美味しかったです。ごちそうさまでした。


次回の譲渡会は3月8日(日)です。

春の気配を感じるこの季節、卒業シーズンでもあり色んな出会いと別れを経て、そして新たなスタートを切る季節でもありますね。

どうか譲渡会に参加している猫ちゃんも、新しい家族に出会えますように。




Commentaires


bottom of page