top of page

【新玉旅館】ありがとうクロメイちゃん

いつも新玉旅館の猫ちゃんたちの応援ありがとうございます。

※この記事には悲愴的な要素が含まれています。読んで頂ける方だけ先に進まれて下さい。



 


クロメイちゃんについては、本当は女将さんからご報告する予定でしたが、にゃんたまチャンネルの視聴者さん全ての方を、否応無しにネガティブな気持ちにさせたくないという思いがあり、見て頂ける方だけにという意向からこちらでご報告致します。



1月8日、クロメイちゃんが虹の橋を渡りました。



クロメイちゃんは約3年ほど前、多頭飼育崩壊の家庭からレスキューした子です。自宅は悲惨な状況で、生まれたばかりの仔猫が沢山いてみんな衰弱していました。


その中でもクロメイちゃんはひと際体も小さくて、元々内臓機能も弱く舌にも疾患を抱えていた為お世話がとても難しく、一度は譲渡が決まったものの、やはり体調管理が出来なかった為に返して貰った経緯があります。



動物病院でも長くは生きられないと告げられていたそうで、それでも女将さんは、たとえ短命だとしても後悔するような事は絶対したくないと、まずはしっかり食べられるよう炎症の酷かった口腔ケアに力を入れ、こまめな定期検診で獣医師の先生と連携を取りながら、クロメイちゃんの体に負担がかからないような薬やサプリを選び、体重を増やして免疫をあげる努力をしていました。





女将さんの懸命なケアで口腔内の炎症が緩和され、一時は体重も増えて調子の良い時期もありましたが、生まれつき腎臓の機能が弱く強い薬が使えなかった為、少しでも効き目の良い薬に耐えられるよう「目指せ2キロ超え!」と目標を立て色んなフードを試し、体重とにらめっこする日々の中一進一退を繰り返しながら、3年という生涯に幕を閉じてしまいました。





クロメイちゃんは、にゃんたまチャンネルの視聴者の皆様にもとても人気があって、ライブ配信では小さな事にも心配してくれたり、可愛いらしい一瞬もいつも見逃さずに見てくれたりと、沢山の方に愛されて、小さな体でもとても大きな存在だった子です。


サブたまPaletteさんが昨年の秋には、クロメイちゃんのイメージにピッタリな可愛いハロウィングッズを作ってくれて、その時も一番人気だったようです。




そんなクロメイちゃんの訃報を知らせる事がとても辛く心苦しいですが、本来ならここまで生きる事が出来なかったかも知れない命を女将さんが救ってくれて、更にこれまで手厚いケアができたのも、沢山の方にご支援を頂き見守って下さったお陰だからこそです。本当にありがとうございました。




旅立つ前、イマル君やハッピーちゃんたち同じお部屋の子が交互に見守ってくれていて、体温が下がっているクロメイちゃんを、アズ君がずっと長く寄り添い温めてくれていたそうです。みんな健気で愛おしい良い子たちばかりです。人からも猫ちゃんからも沢山の愛情と優しさに包まれて、クロメイちゃんは短い生涯だったとしても幸せだったのではないでしょうか。


クロメイちゃんにも、沢山の癒しを与えてくれた事にありがとうと伝えたいです。どうか天国では元気に遊んで、そしてみんなを見守っていてね。



今回クロメイちゃんの為にakuneさんがお花と弔電を送って下さいました。左側のピンクと白のお花で、クロメイちゃんの可愛さと純白な心をイメージしてアレンジして貰ったそうです



女将さんもどんなに沢山の子を保護して、どんなに看取りの経験があったとしても、命の灯火が消えていくのは辛くて悲しくて、どん底まで落ち込んでいた気持ちをakuneさんが電話越しに支えてくれたそうです。


akuneさんもショックで辛かったと思いますが 、寄り添って下さり沢山励ましてくれて女将さんも本当に救われたと思います。akuneさんを始め、応援して下さっている皆様の支えがあるから、これからも頑張ると気持ちを立て直していました。

akuneさんご自身も悲しみを乗り越え、今いる新玉ニャンズを全力で応援しますと、前向きな気持ちになって下さっています。本当にありがとうございました。


猫活動をしていると幸せを見届ける喜びもあれば、反面悲しみに直面する事もあります。私にも保護猫が家にいますが、いつか寿命を迎えた時、悲しんで、涙を流し、弔い、その悲しみを受け入れ乗り越えるまでが愛情で、その子が生きて愛されていた証なのかなとよく考えます。


どうか皆様、これからも新玉旅館のニャンズを見守っていて下さい。

今度は明るいニュースをお伝え出来るように、これからも猫活動頑張ります。

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page