top of page

愛されにゃんこクロメイちゃん

クロメイちゃんの愛称で親しまれている、新玉旅館の黒猫メイちゃん。

これまで2階の譲渡部屋で、キャラの濃い面々に沢山囲まれ暮らしてきました。


新入りにゃんこが増えて生活リズムのバランスが崩れる時もあるようで、時々トラブルが発生してはメイちゃんもとばっちりを受けていたようです。


女将さんも気を付けていましたが、ライブ配信の視聴者様からも心配の声が多数上がっていました。

配信部屋ではありませんが、より落ち着いたお部屋で安心して過ごして貰おうと、グレース君、ベルちゃん、イマル君のいるお部屋にお引越しする事に。メイちゃんに会いに行くととっても元気にしていました。



1階の一番奥のお部屋で日当たりも良く、掃き出しの窓からは朝見川が見える、とても落ち着いた静かなお部屋です。

体も小さく、一時熱が出ていた時もある事からメイちゃんとても弱々しく見えますが、2階にいた時から定期健診での健康状態はとても良好で、以前より体重も増えていたそうです。

ケージの2段目にイマル君(左)とメイちゃん(右)、暗くて写せませんでしたが、ケージ上のハウスにグレース君、隣のキャリーの中にベルちゃんがお昼寝。みんな各々穏やかに自由気ままにのんびりと過ごしていました。



メイちゃんも安心してお昼寝しています。


メイちゃんは2年前、多頭飼育崩壊の現場からレスキューした子です。

当時、メイちゃんと同じ時期に産まれた仔猫が沢山いました。同時に家の中と外を出入りしていた成猫もいて、度々激しい喧嘩もしていたそうです。そんな威嚇してくる猫に対し、既に成猫だったニッパチ君が盾となり、傷だらけになりながらメイちゃん達仔猫を守っていたそうです。

女将さん、弟さん、従兄妹さん、大分市のボランティアさんと、沢山の方の尽力で現場の環境を改善して下さり、無理を承知でレスキューした仔猫たちは女将さんが立派に育て上げ、みんな里親さんへ繋げる事ができました。


メイちゃんも一度は里親さんが決まりましたが、長い舌による口腔内のハンデがある為お世話が難しかったようで、昨年新玉旅館に帰ってきました。それからはずっと女将さんが、メイちゃんの健康管理や口腔内のケアをしてくれています。


新玉旅館では旅館業の傍ら沢山の猫ちゃん達のお世話を始め、疾患持ちの猫ちゃんや老猫ちゃんの介護と病院通いの為に手が回らない時もありますが、そんな中でも女将さんはメイちゃんの事は常に気にかけていて、現在こうして元気に過ごしています。


沢山の方がライブ配信を通して見守ってくれて、我が子のように心配してくれて、メイちゃんはつくづく愛されにゃんこだなと思いました。

マイペースで大人しく、でも気に入った人の傍にさりげなく寄ってきてお膝に乗ってくれる、とっても愛しいメイちゃんです。



そしてこの日はオット君の正式譲渡が決まりました。オット君、本当に素晴らしい里親さんに巡り合えました。このお話の詳細はまた次回お届けしたいと思います。

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page